AI時代の人類に問う!

新刊の予告 水上 治

 

あの世界の医学博士、

国際健康医療研究所理事長 水上治が

世界に、そして人類に問う!

世界と人類はAI時代に直面し、2045年問題を控えている

いま世界と人類にとって何が必要か?

AI時代に直面し、2045年問題を控える世界に、そして人類に何が必要か!

賢人は曰く 「最も強いものが生き残るのではない。

最も賢いものが生き延びるのでもない。唯一生き残るのは変化できるものである」

今こそこの言葉の持つ意味を噛みしめ、

人類が「人間が人間として生き残るための変化」に向けて

真剣に取り組む時代が到来しているのではないか!

AIが及ばぬ人間の持つ脳機能に着眼し「脳細胞を進化させることこそが、

人間が人間らしくAI時代を生き残るために人類に求められる」と説く、

世界の医学博士、国際健康医療研究所理事長 水上治が、全世界に、

そして全人類に問う渾身の力作。

 

「脳細胞を驚異的に進化させる!」タイトル(仮題)

1.  脳細胞の驚異

2.  AIで不可能な脳機能

3.  認知症を防ぐ・治す手立てはあるか

4.  脳細胞は新生する!

5.  脳細胞新生を促進する物質が発見された!

6.  脳を進化させる