AI時代の人類に問う!

新刊の予告 水上 治

あの世界の医学博士、
国際健康医療研究所理事長 水上治が
世界に、そして人類に問う!
世界と人類はAI時代に直面し、2045年問題を控えている
いま世界と人類にとって何が必要か?

AI時代に直面し、2045年問題を控える世界に、そして人類に何が必要か!
賢人は曰く 「最も強いものが生き残るのではない。最も賢いものが生き延びるのでもない。唯一生き残るのは変化できるものである」
今こそこの言葉の持つ意味を噛みしめ、人類が「人間が人間として生き残るための変化」に向けて真剣に取り組む時代が到来しているのではないか!
AIが及ばぬ人間の持つ脳機能に着眼し「脳細胞を進化させることこそが、人間が人間らしくAI時代を生き残るために人類に求められる」と説く、世界の医学博士、国際健康医療研究所理事長 水上治が、全世界に、そして全人類に問う渾身の力作。

「脳細胞を驚異的に進化させる!」タイトル(仮題)

1.  脳細胞の驚異

2.  AIで不可能な脳機能

3.  認知症を防ぐ・治す手立てはあるか

4.  脳細胞は新生する!

5.  脳細胞新生を促進する物質が発見された!

6.  脳を進化させる

目次

1.脳細胞の驚異      

コンピュータ1000億をつないでも、追いつかない人間の脳
数万のシナプスは神経伝達物質で繋がれる
もう一つの脳―グリア細胞
脳細胞の新生は起きている

2. AIで不可能な脳機能 

     
クオリアはAIでは不可能
意識は謎だらけ
AIはデジタルで、論理・確率・統計のみで、左脳の機能
右脳は直観・洞察・感性で、AIでは不可能
脳には1次元、2次元、3次元がある
日本人の脳の特徴

3. 認知症を防ぐ、治す手立てはあるか?    

 
 最新医学でも認知症を治せない
MCIから認知症への進行を遅らせることしかできない

4. 脳細胞新生研究の歴史      


脳細胞は新生する
脳は使うと新生する
脳は脂質で出来ている
重要脂質プラズマローゲンが注目されている
鶏由来プラズマローゲンが脳新生を起こす

5. プラズマローゲンを補充すると認知症が改善する      


日本の最終製品プラズマローゲンEXの臨床試験の驚きの結果
消費者庁認定の機能性表示食品
脳細胞の新生と人類進化の可能性

6. 脳を進化させる      

健全なライフスタイルが基本細胞新生のために、プラズマローゲンEXを飲む
西洋コンプレックスを捨てる
自我の強い脳が理想か?
相手を慮る脳が最善
秋の虫の鳴き声に感じ入るのは日本人のみで、脳が違う
日本の習慣が最高の脳を創る!
思いやる、支え合う和の精神の継承
能、歌舞伎、華道、茶道、弓道、柔道、空手道、合気道、お辞儀、着物、和食などを生活の一部にすることで、脳は日本人型に進化する
日本人が自らの脳を進化させ、世界のリーダーになる!

健全なライフスタイルが基本
細胞新生のために、プラズマローゲンEXを飲む
西洋コンプレックスを捨てる
自我の強い脳が理想か?
相手を慮る脳が最善
秋の虫の鳴き声に感じ入るのは日本人のみで、脳が違う
日本の習慣が最高の脳を創る!
思いやる、支え合う和の精神の継承
能、歌舞伎、華道、茶道、弓道、柔道、空手道、合気道、お辞儀、
着物、和食などを生活の一部にすることで、脳は日本人型に進化する
日本人が自らの脳を進化させ、世界のリーダーになる!