世界一受けたい授業に登場!癌研究第一人者の水上治理事長

世界一受けたい授業に、当財団の水上治理事長が
「がんにならない方法」に学ぶ!がん死を防ぐ知識と予防
というテーマで、癌研究の第一人者として講師役を務めました。
(2019.5.18 放送)

番組では、水上治理事長が最新のがん研究事情や、
アメリカ国立がん研究所の研究結果、がんを予防する為の生活習慣や
がんと遺伝の関係、がん治療も人によって効果が異なること、
必要ながん検査等を紹介しています。
中でも、水上理事長は「生きがいを見つけがんと闘うことが大事」と、
説いています。

番組で紹介された畠山さんは、67歳の時にがんがみつかり、
末期がんで余命3ヶ月と宣告されました。
しかし最後の夢であったヒマラヤに登る決意をして登山し、成功。
その後は登山の生きがいを見つけ、
それから16年も生き続け、83歳の生涯を生きました。

こうした例をもとに、生きがいは特に重要であること、
希望を失ってはいけないことを語りかけております。

「がんは治療法や気持ちで大きく変わる病気です。
自分の体と相談しながら、新たな趣味や生きがいをみつけ、
充実した生活を送ることが大切です」/水上治理事長

癌研究で第一人者の水上治理事長の長年の研究と知見は、
様々な書籍でもご紹介しております。番組でも、水上理事長の書籍
「がん」にならない方法を教えてください~を紹介してくださいました。
多くの書籍の他、過去の番組など動画でも詳しい内容がご覧いただけますので、
ぜひご覧ください。

■世界一受けたい授業(2019.5.18 放送)
http://www.ntv.co.jp/sekaju/

テーマ「がんにならない方法」に学ぶ!がん死を防ぐ知識と予防

出演:水上治
健康増進クリニック(院長)
一般財団法人国際健康医療研究所(理事長)